風呂釜取り替えました

以前薪の風呂釜を取り付けて、ようやく水周りは一安心と思っていたんです。

しかし、1か月ほど使用してみたところ、自分が想像していたよりも色々大変でした。

特に大変なのは風呂が沸くまでの時間がかかりすぎる事です ○| ̄|_

料理や別の事など、何かしながら沸かしていると、今の時期はだいたい1時間半から2時間かかります。
特に寒い日は3時間くらい掛かる日もありました。
(釜の前に付きっ切りでバンバン火を燃やすと1時間くらいでは沸きますが、毎日それだと他の事が出来ないんです。)

ちょろちょろ火を燃やしていると全然沸かないので、バンバン火を燃やさなくてはならず、長期的に考えると薪の確保が大変です。

何か作業、もしくは仕事の後にすぐに風呂が入れない。(出かける前にシャワーって事が出来ません)

恐らく最低限2人、ファミリーだと仕事の分担が出来るので問題はないと思いますが、1人だとだいぶ無駄が多いと思います。

風呂の沸く時間については、釜の設置方法や薪の種類を変える事によって、もしかしたら改善出来たかもしれません。

しかし、外に稼ぎに出ている身分では時間の制約があり、何より楽しくないと続かないという事で、どうにかしたいと考えていました。

そんな事を考え出したときに、近所の方がうちに来て、その事を話ししてみると、「うちに使ってない釜があるから良かったらあげるよ!」と何ともタイミングよく釜をもらえる事が出来ました \(^o^)/


そして早速設置しました!

こちらはビフォーの薪釜
DSCF7245.jpg

この釜をもらいました (^^)v 
今度のは灯油です 
DSCF7597.jpg

薪釜を撤去して
DSCF7603.jpg

煙突を外して
DSCF7607.jpg

タンクは以前もらったものを使用しようと思っていたのですが、燃料コックのネジのサイズが合わず ^^;
DSCF7604.jpg

外して交換しました
右側が新しい燃料コックで、ラッキーな事に新品をもらう事が出来ました (^^)b
DSCF7606.jpg


新しい釜を据えて
DSCF7611.jpg

煙突の位置が違うので・・・
DSCF7608.jpg

新たに穴を開けました
DSCF7612.jpg

内側はこのように
DSCF7614.jpg

煙突はこのように付けました
DSCF7637.jpg

以前の穴がこのままだと雨が入ってしまうので・・・
DSCF7640.jpg

うちに転がっていた廃材のトタンで補修します
DSCF7641.jpg

このようにしました
DSCF7643.jpg

そして釜はこのように設置しました
DSCF7623.jpg

そして試運転
DSCF7619.jpg

試運転してみると水漏れが・・・(TT)
DSCF7626.jpg

釜と一緒にもらったパイプが原因でした
DSCF7628.jpg

ココは新しいのを買ってきました
DSCF7631.jpg

最終的にこのようになりました
DSCF7624.jpg

この釜はもらう前まで使っていた物で、外してから時間が経っていなかったとはいえ、ちゃんと動くのか不安ではあったんです。
しかし、水漏れと燃料コック以外は特に問題もなく今は順調に動いてくれています。

ちなみに、釜と風呂をつなぐパイプ(約¥2000)を買っただけで、ほぼお金をかけずに交換することが出来ました \(^o^)/


おかげさまで、30分で風呂が沸くようになりました (*^_^*)



当初は、あわよくば薪生活ができたらなんて甘い考えもちらつきましたが、やってみたらとんでもなかったです (;^_^A

お金を使わない暮らしをしたいと思ってはいますが、疲弊してまでやりたいとは思いません。
無理をしたり、大変過ぎたり、何より楽しく出来ない事は長続きしないと思うので、いい勉強になりました (^^)

百聞は一見に如かずですね。

このように、自分にとってのいい塩梅をこれから見つけていこうと思います。

ここまでは終わらせたかった (*^_^*)

この場所は、以前雨漏りの件でしばらく様子を見ていましたが、結局雨漏りはしていまでんでした。

それで、このままでは具合が悪いので、板を張る事にしました。

いずれも低い場所に天井が張ってあったのですが、圧迫感があるので高くすることにしました。
DSCF7293.jpg
DSCF7295.jpg

現在はこのように、床の間から隣の部屋までがひと続きなっています
DSCF7297.jpg

この板を譲ってもらったので天井に張って行きます
DSCF7301.jpg
DSCF7307.jpg
DSCF7312.jpg
DSCF7322.jpg

ココは押し入れの入り口の裏側です。土壁が剥き出しのため塞ぎます
DSCF7323.jpg

もらったこの板の枚数が丁度良かったので、コレを張ります
DSCF7372.jpg
DSCF7374.jpg
DSCF7383.jpg


それからこの細い部分
DSCF7324.jpg
DSCF7325.jpg

天井を張った板の切り落とした部分の長さが丁度良かったので、それを張りました
DSCF7368.jpg
DSCF7382.jpg



最後はこの三角の部分です
DSCF7396.jpg

ココは以前外した台所の床材を、サンダー掛けして張りました
DSCF7413.jpg

そして完成はこちら
DSCF7421.jpg
とりあえずは押し入れの中だけを完成させました!
布団を仕舞うので、どうしてもココを仕上げたかったのです。


先週までに作業はここまで終わっていて、ブログを更新させようと思っていましたが、バタバタしていたのと、例のネットの通信制限が掛かっていたため、今になってしまいました。


ここまでが引っ越しをするまでに終わらせたかった事で、後は掃除をして畳を入れれば引っ越しが出来ます。

残りは引っ越しを終えて余裕が出来てから終わらせます。


コレでついに先が見えてきました (^^)

水周りが完成しました (^^)v

家を借りた時から懸念していた水周りですが、ついに風呂と台所も使えるようになりました \(^o^)/

風呂のボイラーの件については、どうしようか散々迷った挙句、とりあえずは使えるようにしなければならないという事と、お金をかけない、なるべく使わないという暮らしを考えた結果、薪で沸かすボイラーが一番適しているだろうという事で探していました。

自分で取り付けが出来そうというところもポイントでした。

最終的にはヤフオクで「薪兼用風呂釜」を落札しました。


こちらです
DSCF6998.jpg
薪ストーブではありません。

風呂を沸かす釜です。

ちなみに長府のステンレス釜で灯油のバーナー付き、更に高年式というものを探していました。

一応ヤフオクのタイトルではそのようになっていたのです。


が、送られてきたものは長州産業のもの
DSCF7033.jpg
しかも、穴が開いてるし、水漏れしてるし・・・

そうです。掴まされました ○| ̄|_



しばらくは諦めて、もう一度別の釜を見つけるか、もしくは灯油かガスの普通の給湯器を入れるかで悩んでいたんです。

しかし、せっかく手に入れた釜だったので、ダメ元で直してみて、「使えたらラッキー」くらいの気持ちで、自分で修理をすることにしました。


まずは錆びているところを、ワイヤーブラシでこすりました。
DSCF7039.jpg

それから、さび止めを塗りました
DSCF7044.jpg


穴を塞ぐのは本当は溶接が良いとは思うのですが、溶接機を持っていないのでパテを使う事にしました。
DSCF7364.jpg
穴を塞ぐのに初めは左側のマフラー用を使いましたが、上手く固まらず水漏れをしてしまいました。

DSCF7050.jpg
DSCF7047.jpg
それから、次に使ったのは以前台所のシンクに使った右側のパテです。


穴を塞ぎ終わったら、今度は塗装です。
念のため耐熱のスプレーを使いました。
DSCF7061.jpg
DSCF7058.jpg

このように生まれ変わりました。
DSCF7082.jpg

しかし、バーナーを付ける穴がこのように開いていて、このままだと火が飛び出てしまうのと・・・
DSCF7219.jpg
DSCF7218.jpg

この部分のフタ!?がなくなっていたので
DSCF7220.jpg

自作することにしました。
DSCF7223.jpg

材料は以前切ったステンレス煙突の余りがあったので、それを使う事にしました。
DSCF7225.jpg
それぞれの大きさに切って

このようになりました
DSCF7228.jpg
DSCF7230.jpg

そして設置しました!
DSCF7236.jpg
DSCF7245.jpg
DSCF7238.jpg
アレがない、コレがないで時間が結構かかってしまいましたが、無事に火が付くところまで完成しました。
心配していた水漏れも、パテを替えてからはしっかりと止まってくれました (^^)b

コレで風呂に関しては薪さえ手に入れば、燃料代が掛からずに使う事が出来るようになりました。

しかし、コレで満足をしているわけではなく、今後はより使いやすく進化させていきたいと考えています。
太陽熱の温水器とシャワーは付けたいな~ (^^)b

使わなくなった太陽熱温水器で要らないという情報をお持ちの方、是非ご連絡ください。



それから台所

コンクリを打ってからそのままになっていました。
DSCF7287.jpg

撤去していたシンクを戻しました。
DSCF7254.jpg
DSCF7252.jpg
本当はこの前土壁を壊した場所に設置したかったのですが、給水と排水両方新たに作らなくてはならなかったため、今回は臨時で元の場所に戻しました。

ココも暇を見て移動したいと思っています。


一番お金の掛かる水周りでしたが、自力で改修が出来たのでほとんどお金が掛かってません。

トイレと風呂は本体を買ったのでお金が掛かってしまいましたが、台所に至っては、パテとビス代だけでほぼお金をかけずに作る事が出来ました \(^o^)/

雨漏り対策!!

以前書いた雨漏りの件ですが、その後職場の先輩に見てもらい、ここじゃないか?という場所が断定できたので、対策をすることにしました。

本当はこないだの台風の前にやっておきたかったのですが、時間がなくて出来なかったんです(T T)

ここじゃないか?という部分は、以前張り替えたトイレの屋根の部分です。
DSCF6458.jpg

この雨どいとトタンの間の部分が怪しいんじゃないか?との事でした。
DSCF6461.jpg

トタンの張り替えをしたときに一応板を張り付けてあったのですが、「この波の部分から吹き込むんじゃないか?」と言われました。
DSCF6462.jpg

そこで、この隙間を埋めるため、こんな物を買ってきました。
DSCF6385.jpg
シリコンのコーキングと目地材です

施工後がこちら
DSCF6463.jpg
狭い場所だったので地味に時間が掛かりました。
これで雨漏りが止まってくれれば良いんですが、どうなるかは分かりませんね~。雨が降った時に確認してみます。


それから、コレまた前回言っていた床の間の天井の件ですが、天井を新たに張るときに押し入れの天井と段違いになってしまうため、やはり剥がす事にしました。
DSCF6448.jpg
DSCF6449.jpg

剥がしたあとがこちら
DSCF6454.jpg
DSCF6457.jpg
写真では伝わり辛いかもしれませんが、床の間の天井を抜いただけで、ココの部屋の圧迫感が少し解消されましたよ~ \(^o^)/

やはり剥がして正解でしたね~。

しかし、雨漏りの件が解決しなければ天井と壁が張れません ○| ̄|_

原因は1つづつ解決していくしかないですね。

雨漏りが止まる事を願うばかりです。



台所完成 (^^)b

この間磨いた台所のシンクですが、ついに設置することが出来ました (^^)v

コレはビフォー
DSCF5832.jpg

廃材だけで作ろうと小屋をウロウロしていると・・・
以前とっておいた、元々ここの家にあったベットの廃材があるのを見つけました。
茶色いのがそうです。
DSCF6026.jpg

初めはこの細い角材だけでシンクの足の部分を作ろうかと思っていたのですが、このベットの廃材がハンパにあって、丁度こうしようというイメージが沸いたので使う事にしたんです。
DSCF6034.jpg
DSCF6036.jpg

そしてコレもまた、こんな感じが良いな!と思っていた廃材があったので、足に使う事にしました。
この材は仕事が中途半端に終わったときに、いつものサンダーで磨いて、あらかじめ必要な長さに切っておいたものです。
DSCF6037.jpg

足はこのように組んで
DSCF6038.jpg

このようにしました
DSCF6042.jpg

そして完成 \(^o^)/
DSCF6048.jpg
DSCF6051.jpg


実際には小間切れで何日かかけて作りましたが、トータルでだいたい2日くらい掛かりました。

あ~しよう、こうしようと、イメトレでこんな感じにしたいな~と考えながら過ごしていたのですが、完成してみるとほぼほぼイメージ通りに作ることが出来ました (o^-')b

この台所作り、嬉しい事にビス以外はお金が掛かっていません (*^_^*)

しかし、コレは仮設でとりあえず作ったもので、住み始めたら、また別の場所に移設しようと思っています。


コレでトイレに続き台所が終わったので、あとは風呂が使えるようになれば水周りは完成です!!

貰ってきたボイラーが使えることを願います。
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁あって念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを活用し、出来るだけお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るように、自力での改修に挑戦中!!


去年末にようやく住める状態になり、今年の1月に無事引っ越を終える事が出来ました。


移住・田舎暮らし・自力での家の改修・廃材利用・農的暮らしを実践し、ありのままを体験してもらえる宿にします。


訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大切に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


助っ人・見学者大歓迎です!!

よろしくお願いします。

平成30年4月20日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード