FC2ブログ

母屋の改修を再開しました

もう1か月以上前ですが、母屋の改修は外壁まで終わっていました。

外壁のつづき


野良猫対策がひと段落したので、やっと母屋の改修に戻る事が出来ました。

前回までは、家の裏の外壁が張り終わり、雨どいを付けなければなりませんでした。

改修前の雨どいは、こんな感じになっていました。
DSCF8470.jpg
DSCF8465.jpg

写真にはありませんが、一応たて樋は仮に付けていたので、壁に直接雨が当たる事はありませんでした。
しかし、屋根の受けの樋がこんな感じになっていたので、雨が降ると軒下と壁がビショビショになってしまっていました。

床下にも水が入ってしまうので、ホントは早急にやらなくてはいけませんでしたが、後手後手になっていました。

この雨どいもまた家に予備のものがあったので、使えるものは使う事にしました。
DSCF8463.jpg

まずはたて樋
DSCF8466.jpg
コレは元々ここに付いていたものを再利用しました。
なので、少し曲がっています(^^;

こちらは最初、この曲がっている部分だけを交換しようと思っていました。
DSCF8468.jpg

しかし、都合よくこの長さの樋が見つかったので、コレを使う事にしました。
DSCF8476.jpg

このように切って
DSCF8478.jpg

このように繋ぎました
DSCF8482.jpg

それから、集水器をこのように付け、たて樋に繋ぎました。
DSCF8485.jpg

そして、屋根の上はこの状態を
DSCF8486.jpg

このようにしました。
DSCF8487.jpg


仕上りはこんな感じです。
DSCF8553.jpg

元々家が見つかった時はこんな感じでした
DSCF3906 (1)
DSCF3957.jpg

この瓦の崩れているのを発見したときは、正直せっかく見つかったこの家も、諦めざるをえないと思っていました。
しかし、プロの手助けを借りたのもありますが、ここまで修復出来たのでホントに諦めないで良かったと思っています。

外回りはまだやらなくてはならないところはありますが、とりあえず急を要する場所は終わったので一安心しています。

ちなみにこの雨どいの補修は、あるものだけではさすがに出来ませんでしたが、大体¥1500程で直す事ができました。


これでやっと室内の作業も再開できます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁あって念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを活用し、出来るだけお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るよう、住めない状態の古民家を素人が自力で改修に挑戦中!!


まだ完成ではありませんが、去年末にようやく住める状態になり、今年の1月に無事引っ越す事が出来ました。


移住・田舎暮らし・自力での家の改修・廃材利用・農的暮らしを実践し、ありのままを体験してもらえる宿にします。


訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大切に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


助っ人・見学大歓迎です!!

よろしくお願いします。

平成30年4月20日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード