FC2ブログ

風呂釜取り替えました

以前薪の風呂釜を取り付けて、ようやく水周りは一安心と思っていたんです。

しかし、1か月ほど使用してみたところ、自分が想像していたよりも色々大変でした。

特に大変なのは風呂が沸くまでの時間がかかりすぎる事です ○| ̄|_

料理や別の事など、何かしながら沸かしていると、今の時期はだいたい1時間半から2時間かかります。
特に寒い日は3時間くらい掛かる日もありました。
(釜の前に付きっ切りでバンバン火を燃やすと1時間くらいでは沸きますが、毎日それだと他の事が出来ないんです。)

ちょろちょろ火を燃やしていると全然沸かないので、バンバン火を燃やさなくてはならず、長期的に考えると薪の確保が大変です。

何か作業、もしくは仕事の後にすぐに風呂が入れない。(出かける前にシャワーって事が出来ません)

恐らく最低限2人、ファミリーだと仕事の分担が出来るので問題はないと思いますが、1人だとだいぶ無駄が多いと思います。

風呂の沸く時間については、釜の設置方法や薪の種類を変える事によって、もしかしたら改善出来たかもしれません。

しかし、外に稼ぎに出ている身分では時間の制約があり、何より楽しくないと続かないという事で、どうにかしたいと考えていました。

そんな事を考え出したときに、近所の方がうちに来て、その事を話ししてみると、「うちに使ってない釜があるから良かったらあげるよ!」と何ともタイミングよく釜をもらえる事が出来ました \(^o^)/


そして早速設置しました!

こちらはビフォーの薪釜
DSCF7245.jpg

この釜をもらいました (^^)v 
今度のは灯油です 
DSCF7597.jpg

薪釜を撤去して
DSCF7603.jpg

煙突を外して
DSCF7607.jpg

タンクは以前もらったものを使用しようと思っていたのですが、燃料コックのネジのサイズが合わず ^^;
DSCF7604.jpg

外して交換しました
右側が新しい燃料コックで、ラッキーな事に新品をもらう事が出来ました (^^)b
DSCF7606.jpg


新しい釜を据えて
DSCF7611.jpg

煙突の位置が違うので・・・
DSCF7608.jpg

新たに穴を開けました
DSCF7612.jpg

内側はこのように
DSCF7614.jpg

煙突はこのように付けました
DSCF7637.jpg

以前の穴がこのままだと雨が入ってしまうので・・・
DSCF7640.jpg

うちに転がっていた廃材のトタンで補修します
DSCF7641.jpg

このようにしました
DSCF7643.jpg

そして釜はこのように設置しました
DSCF7623.jpg

そして試運転
DSCF7619.jpg

試運転してみると水漏れが・・・(TT)
DSCF7626.jpg

釜と一緒にもらったパイプが原因でした
DSCF7628.jpg

ココは新しいのを買ってきました
DSCF7631.jpg

最終的にこのようになりました
DSCF7624.jpg

この釜はもらう前まで使っていた物で、外してから時間が経っていなかったとはいえ、ちゃんと動くのか不安ではあったんです。
しかし、水漏れと燃料コック以外は特に問題もなく今は順調に動いてくれています。

ちなみに、釜と風呂をつなぐパイプ(約¥2000)を買っただけで、ほぼお金をかけずに交換することが出来ました \(^o^)/


おかげさまで、30分で風呂が沸くようになりました (*^_^*)



当初は、あわよくば薪生活ができたらなんて甘い考えもちらつきましたが、やってみたらとんでもなかったです (;^_^A

お金を使わない暮らしをしたいと思ってはいますが、疲弊してまでやりたいとは思いません。
無理をしたり、大変過ぎたり、何より楽しく出来ない事は長続きしないと思うので、いい勉強になりました (^^)

百聞は一見に如かずですね。

このように、自分にとってのいい塩梅をこれから見つけていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁あって念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを活用し、出来るだけお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るよう、住めない状態の古民家を素人が自力で改修に挑戦中!!


まだ完成ではありませんが、去年末にようやく住める状態になり、今年の1月に無事引っ越す事が出来ました。


移住・田舎暮らし・自力での家の改修・廃材利用・農的暮らしを実践し、ありのままを体験してもらえる宿にします。


訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大切に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


助っ人・見学大歓迎です!!

よろしくお願いします。

平成30年4月20日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード