ゲストハウスやりたい会(!?)の続き

この会が終わった後、それぞれのオーナーの宿を渡り歩けないかとたくらんでいました。

そこでまず連絡したのが宿ではないのですが、以前ブラウンズフィールドの醤油絞りのときにお会いした「なかや」のときさんの師匠でした。家が同じ長野県にあったため一応連絡してみると、快く泊りにきていいと言っていただけました。

この方とときさんはブラウンズフィールドと鴨川の自然王国で醤油絞りをやっていて、そのときに遊びに行ったのをきっかけに2回しか会った事がないにも関わらず、今度長野に来たときは遊びにおいでと言われていたので、図々しくも1泊させていただきました。

家は山の中にあり、周りは森に囲まれ、ひっそりとしていてとても素敵な場所でした。
特別何かしたわけではありませんでしたが、夕食をいただいたときに、奥さんと一緒に餃子を作ったり、温泉に一緒に行ったりしました。

夜はお酒を飲みながら、農業の事、田舎暮らしの事、そしてこれからの自分がしたい事などの話をして、とても興味深い話を聞くことができて楽しい時間を過ごす事が出来ました。

2日間大変お世話になりました。

DSCF4615_convert_20100419205526.jpg




次にお邪魔したのは「なかや」です。

宿の場所が山の中で町からは離れているとは聞いていたのですが、ホントにその通り凄くて、道は狭く旧道って感じで、土砂崩れは当たり前、オマケに宿に入るまでの道は車が1台入るのがやっとって感じでした。
まさに秘境(笑)って感じでしたよ。

宿自体も古民家を自分で改装した物で、まるでタイムスリップしたかの様な感じでした。

こんな感じ。

DSCF4624_convert_20100419205632.jpg
なかやの外観です

DSCF4625_convert_20100419205726_convert_20100419212110.jpg
コレは手作りの露天風呂です

写真撮るの忘れましたが、もちろん風呂は五右衛門風呂でした。

ここも1泊だけだったのですが、夜はWSの話、そして自分の宿の話などで盛り上がりました。
夜食べたキノコの揚げ物とてもおいしかったです。

動画撮れなくて残念ですが子供達が凄く芸達者で、歌を歌ったり、マイブームが獅子舞だったという事で、手作り獅子舞を披露してくれたり、ひょっとこ踊りを見せてくれたり、とにかく楽しませてくれました。

次の日の朝は朝食後、キノコの植菌を手伝わせていただきました。ときさんはホントに何でもやってしまう人で、キノコの他にも露天風呂や窯、味噌なども自分で作ってました。

まさに自給自足の達人って感じでした。


そして最後は「もりのいえ」

こちらはWWOOFに加盟している為、なるべく長く滞在したかったのでまささんに相談したところ、奥さんに相談しないと分からないとの事、しかしOK頂きました。
後で分かったのですが「もりのいえ」は凄く人気があって、WWOOFの申し込みが沢山来ていたみたいです。
受け入れていただいてありがとうございます。

ここでは2週間お世話になったのですが、ホントにいい勉強になりました。

何故って!?
たまたま一緒の日にウーファーで来ていたのがイギリス人のロバートで、その後日本人の女の子が2人、そしてフランス人のカップルがいて、みんな凄く仲が良くほんとの大家族のような感じでした。

言葉は日本語が通じず、公用語が英語になってました(笑)

仕事の内容についてはほとんど毎日違う事をやりました。

あげればキリがないのですが、お菓子の袋詰め・キノコ狩り・地ビール作り・マーケットの手伝い・納屋の整理および解体・誕生日会・山菜取り・稲の苗床作り・歌舞伎座の見学・家事全般etc

ホントに毎日楽しくて、良い経験になりました。

とにかくまささんはロマンのある方で、とてもマネ出来ないけどやっている事、考えている事が素敵だなーって思いました。
奥さんの理恵さんの作る料理はどれもとてもおいしかったです。特に芋のスコーンパンと玄米のもちもち感がマジで感動しました。
スコーンパンどこかで見つけたらお試しあれ!

DSCF4659_convert_20100419210109.jpg
もりのいえの外観です


DSCF4665_convert_20100419210214_convert_20100419211809.jpg
地ビール作り


DSCF4668_convert_20100419210351.jpg
マーケット

DSCF4732_convert_20100419211224.jpg
納屋の解体

DSCF4762_convert_20100419211359.jpg
山菜採り

DSCF4766_convert_20100419213308.jpg
スコーンパンです。



「なかや」も「もりのいえ」も共通しているのは菜食の食べ物。
自分の持つ菜食のイメージはそれまで、凄く薄味でご飯は硬くてボソボソ、種類もそんなに無くて質素な物というイメージでした。
しかし、食べたものは毎日豪華で味付けも色々、何しろボリューム満点だということにビックリしました。

お二人の宿のような事が自分はドコまで出来るかわかりませんが、実際に目の当たりにしてみて、自分もやれば出来るんだということが分かったし、もし実際にやってみてわからなければ聞くことが出来るので、それが何よりも心強いなと思いました。

この2週間強の経験は、自分のこれからのゲストハウスオープンに当たってホントに凄くいい刺激になりました。

ときさんが言っていた、「スタンプラリー」実現できたら楽しいですよね。

これからも宜しくお願いします。

長々と読んでいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行きたかった~!!

いいねいいね~素敵だね!

あの会の後の順くんの動きは、まさに動いたもん勝ち、と言うか、運を引き寄せてる、自分でチャンスを作って自分の道を作る、というのを見せてくれた気がしてます。

私たちも、遅くないときに、またなかやともりのいえにぜひお邪魔したいわ☆

スタンプラリー、5年後には枠がだいぶ増えてるだろうね!
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁をいただいて念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを利用し、なるべくお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るように、自力での改修に挑戦中!!


当面は自分がとりあえず住める状態にして、改修のスピードを早められるようにするのが目標です。

目指すゲストハウスのスタイルは、農家民宿とバックパッカーズが組み合わさったようなホームステイスタイルの宿で、無農薬・無化学肥料の田んぼを中心とした農的暮らしを実践し、そこに人を招くという形です。

訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大事に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。

みんなで創っていく過程を楽しめたらと思います。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


改修作業の助っ人、随時募集中!!!

よろしくお願いします。

平成29年5月21日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード