台所完成 (^^)b

この間磨いた台所のシンクですが、ついに設置することが出来ました (^^)v

コレはビフォー
DSCF5832.jpg

廃材だけで作ろうと小屋をウロウロしていると・・・
以前とっておいた、元々ここの家にあったベットの廃材があるのを見つけました。
茶色いのがそうです。
DSCF6026.jpg

初めはこの細い角材だけでシンクの足の部分を作ろうかと思っていたのですが、このベットの廃材がハンパにあって、丁度こうしようというイメージが沸いたので使う事にしたんです。
DSCF6034.jpg
DSCF6036.jpg

そしてコレもまた、こんな感じが良いな!と思っていた廃材があったので、足に使う事にしました。
この材は仕事が中途半端に終わったときに、いつものサンダーで磨いて、あらかじめ必要な長さに切っておいたものです。
DSCF6037.jpg

足はこのように組んで
DSCF6038.jpg

このようにしました
DSCF6042.jpg

そして完成 \(^o^)/
DSCF6048.jpg
DSCF6051.jpg


実際には小間切れで何日かかけて作りましたが、トータルでだいたい2日くらい掛かりました。

あ~しよう、こうしようと、イメトレでこんな感じにしたいな~と考えながら過ごしていたのですが、完成してみるとほぼほぼイメージ通りに作ることが出来ました (o^-')b

この台所作り、嬉しい事にビス以外はお金が掛かっていません (*^_^*)

しかし、コレは仮設でとりあえず作ったもので、住み始めたら、また別の場所に移設しようと思っています。


コレでトイレに続き台所が終わったので、あとは風呂が使えるようになれば水周りは完成です!!

貰ってきたボイラーが使えることを願います。
スポンサーサイト

磨きふたたび

水周りを終わらせようと、最近集中的にキッチンの改修をやっていました。

本当は台所の改修を終わらせて、そのアトに、縁側の床磨き作業をやろうと思っていました。
しかし先日、久しぶりに作業を手伝いに来てくれたので、どうせならやってしまおうと先にやることにしました (^^)


この作業は削りカスが凄いため、引っ越す前にやっておきたかった事の一つです。

入る前にやらなっかったら、もうやらないでしょう ┐(´-`)┌

以前水拭きしたのですが、汚れが落ちず大してキレイにならなかったんです (T_T)





初めはこの状態
DSCF5849.jpg
DSCF5854.jpg
DSCF5850.jpg
DSCF5852.jpg
DSCF5855.jpg
DSCF5856.jpg
DSCF5857.jpg



こうなりました \(^o^)/
DSCF5973.jpg
DSCF5976.jpg
DSCF5975.jpg
DSCF5984.jpg
DSCF5988.jpg

こちらは玄関周り before
DSCF5878.jpg
DSCF5946.jpg

after
DSCF5962.jpg



DSCF5868.jpg
DSCF5977.jpg
DSCF5992.jpg
ホントは床だけやろうと思っていたのですが、気になりだして柱や梁その他も結局磨くことになりました (;^_^A

縁側だけで部屋の中がまだなので、床貼りが終わってからやる事にします。

しかしコレ、ホントにやって良かったです (^^)b



DSCF5947.jpg
全然関係ないですが、家の裏にユリが咲いてましたよ (*^_^*)

台所作り始めました

トイレの設置が終わり、次は台所を作り始めました。

ここは以前床を剥がした場所で、本当は土間にして新たに違う場所に台所を作ろうと思っていました。
しかし、それをやるとあまりにも時間がかかってしまうため、住むことを優先し今回は仮設という事で今まであった場所に作ることにしました。

同じ場所とはいえ床を剥がしているため、このままシンクを置くと蛇口の位置が高すぎる。とか、排水管の位置が高い。とか、色々と不具合が出てくるので、高さを合わせるため、ここの部分だけ床を貼ることにしました。
DSCF5724.jpg

床材は元々この台所の床に貼ってあったもので、もう使わないからそのうち薪にでもしようと思っていて、このように積み上げていました。
DSCF5764.jpg
しかし、まだ使えそうだったのと檜の床材でもったいなかったので、床を貼るとはいえ土足で使うしどうせ汚れるからと再利用することにしました。


そして、根太の部分も元々床下に使っていたものです。
DSCF5726.jpg

このように切りました。
DSCF5727.jpg

そして、この汚れを本当はサンダーで磨こうと思っていたのですが、サンダーの調子が悪かったため、今回はタワシで水洗いをしました。
DSCF5766.jpg
右は洗う前で、左が洗ったもの
違いわかりますかね~?

そして今回も、やっぱり気になり柱のサンダー掛けやりました (^^;

こちらはかける前
DSCF5737.jpg
このスイッチの周りの汚れが気になり磨くことにしたんです。

そして、こちらが磨き後
DSCF5757.jpg
DSCF5753.jpg
DSCF5756.jpg
DSCF5758.jpg
やっぱり磨くと気持ちが良いですね♪
スッキリしました。


柱の磨きが終わりいよいよ床貼り
DSCF5768.jpg
コレは床材を仮置きしているところです

このように貼り付けました。
DSCF5782.jpg
DSCF5787.jpg
DSCF5786.jpg
あとはシンクを設置するだけです(^^♪

ちなみにシンクも元々ここで使っていたものを再利用
DSCF5798.jpg
このままでは使いたくないので、コレを掃除して上のステンの部分だけ再利用。
足を新たに自分で作ります。

今回の台所改修。足の部分の材を買わなければ、改修にはお金がほとんどかかっていません。
唯一掛かったとすれば、ビス代とサンダーのペーパー代くらいです \(^o^)/

あるもので何とかする!
やれば出来るもんですね。

しかしコレ、あくまで装飾なしの話ですが・・・

いよいよ台所の完成も見えてきました (*^ー゚)b

今月中にはとりあえず住む目処を付けたいものです o(^▽^)o

トイレ完成 \(^o^)/

ついにトイレが完成しました (^^)v
DSCF5698.jpg

前回まで長かった管を、とりあえずノコギリで適当に切りました。
DSCF5642.jpg

今回据える便器は、管を床のツラに切らなくてはならないため、こんな道具を使いました。
DSCF5648.jpg
内面カッターを自作しました。
ちなみに、刃はその辺に転がっていたものを使ったんです(笑)

すると・・・初めの刃は耐久性が低くてこのように壊れました (;^_^A
DSCF5651.jpg

それから、刃を替えてこのように切りました。
DSCF5652.jpg

床を貼った場所の一部に段差があったため、このようにゴムをかませることにしました。
DSCF5660.jpg
こうしないと、隙間から虫が出入りすると思ったんです。

コレが簡易水洗のキモの部分です!
DSCF5662.jpg

こちらのトイレを据えました。
DSCF5667.jpg
DSCF5668.jpg



便器を据えて
DSCF5674.jpg
タンクを付けて
DSCF5672.jpg
給水管をタンクに繋げます。
DSCF5688.jpg
コレはタンクのオーバーフロー管です。
DSCF5681.jpg
ここは大失敗 (>﹏<)
穴を空けようと思ったら、裏に木があり開かず ┐(´д`)┌
何か所も試して、ボコボコになってしまいました (--,)
しかし、見える部分ではないため良しとします!


フタがないですがこんな感じになりました。
DSCF5684.jpg

そして、緊張しながらタンクに水を入れて
DSCF5702.jpg
こんな感じで流れました
DSCF5703.jpg
水漏れなし ^^



完成とは言っても、トイレの便器が付いたというだけで、壁も扉もないんですよね・・・ ○| ̄|_
DSCF5694.jpg

とりあえず、使用に支障はないので次の作業に行くとします (^^)



このトイレ造り、やる前は随分と悩み考えたんです。
というのも前にも言ったかもしれませんが、元々がボットンで、そのまま行くか?浄化槽を入れるか?簡易水洗にするか?コンポストトイレを造るか?
で、色々悩んだ末に、ボットンは匂いと見た目がイヤだし、浄化槽はお金が掛かりすぎるしで、今自分が出来る最善をやろうと思い、簡易水洗にすることにしたんです。

今回簡易水洗が完成したのですが、実は一つ問題があるんです。

それは、床から上は水洗トイレとほとんど変わらないんですが、床下が汲み取りトイレそのままなんです。どういうことかというと、都会と比べて田舎(山間部は特に)は下水道の整備がされていないので、トイレの便槽(タンク)はそのままなんです。
なので、単純に使用した分だけ水の量も増えるので、汲み取りの量も回数も増えるという事なんです(涙)

なので、どうするべきかはホントに考えました。

結果は上記の通り簡易水洗にしたのですが、このままだと汲み取り料金もバカになりません。
なので、せっかくトイレが出来たばかりですが、家の改修がひと段落した後はコンポストトイレを造ろうと思っています。


いつになるかはわかりませんが (;^_^A



しかし、完成してよかった~(^^♪
達成感がハンパないです!!


トイレのその後

前回の投稿から1か月以上も経ってしまいました (;^_^A

だいぶ遠回りしていますが、空き時間を利用して少しずつですがトイレの工事を進めています。





遠回りの1つがこちら
DSCF5563.jpg
DSCF5568.jpg
写真では分かりづらいかもしれませんが、トイレ棟の天井です。
この隙間が外とつながっており、大風が吹くとほこりや葉っぱが家の中に入って来てしまっていたんです。

せっかく新しいトイレを付けても直ぐに汚れるのは悲しいので、塞ぐことにしたんです。


それからこちら
あまり違いが分からないのが悲しいですが・・・
DSCF5583.jpg
DSCF5593.jpg
前回壊した壁を取っ払った柱の部分が汚れていたので、サンダーで削る事にしたんです。



すると、他の部分も気になってしまい・・・



DSCF5591.jpg
DSCF4503.jpg
DSCF5634.jpg


DSCF5588.jpg
DSCF5639.jpg


DSCF5590.jpg
DSCF5636.jpg
DSCF5631.jpg


DSCF5592.jpg
DSCF5633.jpg


DSCF5595.jpg
こんな感じで、柱も床も気になるところをすべて磨くことになりました ┐(-。ー;)┌

しかし、気になっていたシミが消え、まるで新築か?のようになったので満足です (^^)v

写真だとあまり伝わらないのが悲しいです (T_T)






そして本題

ボットンから簡易水洗にするためには、この大きく開いた穴を小さくしなければなりません。
DSCF5605.jpg
なので、このように径が100mmのパイプに変換しました。


それからこの管を固定
DSCF5606.jpg


そして、床を貼る
DSCF5613.jpg
この管に沿って丸く穴を空けるのに苦労しました。ジグソーがあれば楽でしたね(汗)

それから、途中で実の部分が折れてしまうトラブルも ( ̄▽ ̄;)
DSCF5618.jpg


そして、何とかここまでやってきました。
DSCF5624.jpg
床の色違いはご愛敬www

やる事は単純なのですが、今ある道具でやらなければいけないし、細かい事が分からず考えながらやらなければならないので、時間が掛かってしまいました💧



しかし、ここまで来ればあとはこの管を切って、トイレを据えるだけです。

無事に終わることを願うばかりです。
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁をいただいて念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを利用し、なるべくお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るように、自力での改修に挑戦中!!


当面は自分がとりあえず住める状態にして、改修のスピードを早められるようにするのが目標です。

目指すゲストハウスのスタイルは、農家民宿とバックパッカーズが組み合わさったようなホームステイスタイルの宿で、無農薬・無化学肥料の田んぼを中心とした農的暮らしを実践し、そこに人を招くという形です。

訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大事に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。

みんなで創っていく過程を楽しめたらと思います。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


改修作業の助っ人、随時募集中!!!

よろしくお願いします。

平成29年5月21日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード