こーゆー本あります。

もう去年の話になりますが、今いる自然塾の会員さんが本を出しました。

今更どうしたって!?

紹介しようしようと思っていたのですが、ちょうどいい紹介のサイトがなかったのと、単純に忘れてたのでした・・・


最近はその本が有名になってきて、ちょうど良いサイトが見つかったので紹介したいと思います。



本の名前は

僕はお金を使わずに生きる事にした


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4314010878.jpg


です。


この本はイギリスで1年間お金を使わずに生活する実験をした29歳の若者が、自らの生活をユーモラスな筆致で綴った、現代版『森の生活』。

この実験で証明したいのは、お金がなくても「生き延びられること」ではなく「豊かに暮らせること」だ――1年間お金を使わずに生活する実験をした29歳の若者の記事がイギリスのテレビや新聞で紹介されるや、世界中から取材が殺到し、大きな反響を呼んだ。著者は、不用品交換で入手したトレーラーハウスに太陽光発電パネルをとりつけて暮らし、半自給自足の生活を営む。手作りのロケットストーブで調理し、歯磨き粉や石鹸などの生活用品は、植物、廃材などから手作りする。衣類は不要品交換会を主催し、移動手段は自転車。本書は、彼の1年間の金なし生活をユーモラスな筆致で綴った体験記である。貨幣経済を根源から問い直し、真の「幸福」とは「自由」とは何かを問いかけてくる、現代の『森の生活』。

世界の10の言語に翻訳され、14か国で刊行。

【著者紹介】
マーク・ボイル:1979年、アイルランド生まれ。大学で経済学を学んだ後、渡英。オーガニック食品業界を経て、2007年、ブリストルでフリーエコノミー(無銭経済)運動を創始。2008年の「国際無買デー」から1年間お金を一切使わずに暮らす実験を決行すると、世界中から取材が殺到し、大きな反響を呼んだ。現在は、「地域社会の中での自給」をめざし、お金がいらない暮らしのモデルビレッジを設立準備中。
彼の主宰する、フリーエコノミー・コミュニティーのウェブサイト(justfortheloveofit.org)には、160カ国34,843人が参加し、461,766種類のスキルと、95,088個の道具と554箇所の空間をシェアしている(2011年10月末現在)。

吉田奈緒子:1968年生まれ。東京外国語大学インド・パーキスターン語学科卒。英国エセックス大学修士課程(社会言語学専攻)修了。現在、千葉・南房総で「半農半翻訳」の生活を送っている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


先日この本の翻訳者吉田奈緒子さんが、生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)の中のシンプルライフという記事を担当している、金子由紀子さんという方に取材を受けていました。

以下は記事の内容です。

お金のいらないシンプルライフ



この著者が自分と同い年だったことにビックリでした!!

興味のある方は是非買って読んでください。
スポンサーサイト

イベントのお知らせ。

もう期日が迫っていますが、来週の土曜日自然塾でこんなイベントやります。




こたつだんらんツアー@三 芳 自 然 塾     

映画「祝の島」上映会

★期 日:10月22日(土)
★上 映:午後2時~ (開場:午後1時半~)
だんらん会(午後4時~午後5時)茶菓子の差入大歓迎!
★料 金:2,000円 (12歳以下無料)                  

東日本大震災から私たちは、何を学べばよいのでしょう?
明日も当然続くと思われた日常が、一瞬にして奪われたあの日。効率と利益を追い求める社会が生み出した結果の原発事故。半年過ぎた今も復興、復旧の道筋も頼りない光しかみえません。

この映画は、単にエネルギー政策について問うているのではなく、この先の未来のあり方をどう選択すればよいのか?“いのち”を1000年先につなぐために、今私たちにできることはなんなのか?
安房地域にも是非活かしていきたい素敵なヒントがいっぱい詰まっています。


築百数十年の古民家で開催する
30人ぐらいのアットホームな上映会です。
見終えたら、お茶でも飲みながら映画の感想や
自然エネルギーことなど、いろいろおしゃべりしませんか?
「だんらん会」にも是非ご参加ください!
そこに居合わせたご縁を深め、絆つくりの一歩にしましょう!

*会場に限りがあります。予約を下記三芳自然塾までお願いします。


映画「祝の島」
海山の恵みを糧に助け合い、日々を愛おしんで暮らす山口県上関町祝島の人々の生活を記録したドキュメンタリーです。瀬戸内に浮かぶ人口わずか500人ほどの祝島では、生命を育む豊かな海、互いに手を貸しあうことのできる労働力、あるものを分ち合う信頼関係…。お金ではないものが経済を支えています。 近代文明の象徴ともいえる原子力発電所の建設問題と対峙しながらも、その暮らしが揺らぐことは無く、現代の生活では失われてしまいがちな“つながり”がそこにはあります。


【問合せ・申込】 三芳自然塾 0470-36-3446   千葉県南房総市山名 1476 


ということで、この機会にこれからの事をみんなでゆる~く考えませんか?っていうイベントです。

来塾お待ちしております。

またまた新しいゲストハウスがオープンします。

今回は、長野県の善光寺の近くにオープンするゲストハウスを紹介します。

その名は・・・

1166backpackers

です。

偶然か!?必然か!?この方も僕等のやったワークショップに参加してくれた方です。

同じ様な時期に2つもオープンするなんて・・・

同志がオープンしてくれるのは、ホントに嬉しいですね。

またまた旅する楽しみが増えました。




続きを読む

新しいゲストハウスがオープンします。

東京上野に新しいゲストハウスが10月10日にオープンします!

その名は・・・

東京の古民家改装ゲストハウス | toco.(トコ)

です。

このゲストハウスをオープンさせるのは、今年3月に僕達が地球宿で主催した「ゲストハウスやりたい会!?」の参加者で、仲間と共にオープンさせるみたいです。

まだ行った事はないのですが、どうやら自分が望んでいる古民家。しかも大正時代から90年経つ、眠っていた古民家を改修したみたいです!!

自分達の経験から、旅人をメインとした宿みたいですが、もちろん旅人だけでなく色んな方が泊まっていいと思います。

個人的な意見ですが、まだゲストハウスを経験した事のない人たちに泊まってもらいたいですね。

いや~、しかし羨ましい!!

オープンおめでとう!

俺も頑張らないと・・・

赤峰勝人さん講演会やります!

今お世話になっているあわ地球村の主催で、9月20日月曜日、午前10時から、館山にて赤峰勝人さんの講演会を行います。

赤峰さんは1943年、大分県生まれ。無農薬、無化学肥料の「循環農法」を確立させ、講演などを通じて循環の大切さを訴えている。著書に「アトピーは自然からのメッセージ」、「百姓赤峰勝人の野菜ご飯」など多数ある。

循環農法の特徴は、土壌と雑草の関係を探り、雑草にも役割があることに気づき、利用する事。赤峰さんは失敗と挫折を繰り返し、独自の農法を確立させた。

農だけでなく、命の源としての食と生命に言及し、塩の効用など興味深い話も予定している。地球上から化学肥料と農薬をなくす、穀物自給率100%を目指す、自然海塩のすすめなど、興味のつきない話となるという。


場所  千葉県南総文化ホール  千葉県館山市北条740-1
当日は午前9時30分に開場。
講演は10時からで13時頃終了予定。

問い合わせはあわ地球村 0470-44-1577  又は分かる方は私まで直接連絡ください。

宜しくお願いします。



カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁をいただいて念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを利用し、なるべくお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るように、自力での改修に挑戦中!!


当面は自分がとりあえず住める状態にして、改修のスピードを早められるようにするのが目標です。

目指すゲストハウスのスタイルは、農家民宿とバックパッカーズが組み合わさったようなホームステイスタイルの宿で、無農薬・無化学肥料の田んぼを中心とした農的暮らしを実践し、そこに人を招くという形です。

訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大事に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。

みんなで創っていく過程を楽しめたらと思います。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


改修作業の助っ人、随時募集中!!!

よろしくお願いします。

平成29年5月21日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード