急展開 3

時間が空いてしまいましたが (^^;)

急展開のつづきです。

いよいよ床を張りました!


仏間の裏の部屋です
DSCF6875.jpg
前回大引きを入れるところまで終わってこの状態!

根太を入れていきます
DSCF6872.jpg

この様になりました
DSCF6880.jpg
DSCF6885.jpg

この荒板までは元々この家にあったものです (^^)v
DSCF6889.jpg
DSCF6976.jpg



こちらは仏間です
DSCF6866.jpg
DSCF6869.jpg
DSCF6883.jpg
DSCF6916.jpg
DSCF6977.jpg

この2部屋を正面から見ると・・・
DSCF6981.jpg
こうなりました

ちなみに、フローリングではなく畳を入れるための荒板です。



以前屋根を直した部屋の柱の部分が腐っていたので、交換しました。
DSCF6902.jpg
この部分も浮いちゃって、柱が全然効いてない状態でした (゚д゚)

この家はなぜか??この部分に梁が二本入っていて、上の梁が生きていたのが唯一の救いでした。
この梁が死んでいたらもっと大工事になっていたと思います w( ̄o ̄)w


窓枠兼用の梁を途中で切って
DSCF6913.jpg
ココもシロアリにかなり喰われてますが・・・ (^^;)

柱を継ぎ足して
DSCF6920.jpg
DSCF6908.jpg

この様に補強しました
DSCF6944.jpg
DSCF6953.jpg

透湿防水シートを貼って、とりあえずは完成 \(^o^)/
DSCF6975.jpg




ここまでのリフォームで、先輩の職人2人と自分の3人でやって、6日掛かりました。

随分前のようですが、台風前の長雨で外作業が出来なかった関係で、会社の厚意もあり今回このようにリフォームの協力をしていただけました。

更にありがたいことに、今回このリフォームで使った材料は、ほとんどがこの家にあった廃材で、ある材料を利用してなるべくお金をかけないように工夫してくれたんです。
ザックリですが、根太材と荒板以外はほぼあるものを利用することが出来ました。

普通の大工さんだと嫌がられる作業ではあるので、本当にありがたかったです。

コレを自分一人でやっていたら間違いなく何か月もかかっていたと思います。

というか、自分の力ではどうにもならない作業もあったのでホントに助かりました (^^)

コレで母屋はプロが必要な作業はほぼ終わりました。





現在は今年中に引っ越しが出来るように作業を進めています。

しかし、終わらせるのにもう少し時間が掛かりそうです。
1人でやるには限界があるんです ○| ̄|_

なので助けてください!!

作業を手伝っても良いよという方、連絡お待ちしています<(_ _)>
スポンサーサイト

急展開 その2

昨日のつづきですが、この部屋は玄関を入って正面の仏間です。

根太は使えそうな部分もありましたが、大引きが1本しか入ってなかったため、ガッチリさせるため真ん中を残して3本とすることにしました。
DSCF6647.jpg
DSCF6725.jpg

敷居と壁の下に根太が入っていたため、そのままでは根太を新たに打てないので、根太掛けを新設しました。
DSCF6728.jpg
DSCF6792.jpg
DSCF6767.jpg


台所は壁や棚を取っ払ってひと続きにして、コンクリートを打つ事にしました。
DSCF6740.jpg
DSCF6755.jpg
DSCF6759.jpg

せっかく作った台所も壊しました ( TДT)
DSCF6761.jpg
DSCF6775.jpg

コンクリートを打つ分だけ土を削ります。
DSCF6796.jpg
DSCF6810.jpg
DSCF6823.jpg
DSCF6837.jpg

コテで均している写真はありませんが・・・ (^^;)
DSCF6854.jpg
この様になりました (^^)v


余ったコンクリは、ボイラーを置く場所に打ちました。
DSCF6850.jpg

さすがに余裕がなく、こちらは先輩が・・・ (^^;
DSCF6861.jpg

このコンクリ打ちですが自分ちだったので、先輩にコンクリ運びをお願いして、自分でコテならしをやらせてもらいました。

初めてやったこともあり、平らにするのが難しく、最後の方はコンクリが固まり始めて自分の腰も固まりました (-_-;)

しかし、経験者と一緒にやらないと出来ない作業ではあったのでとてもいい勉強になりました \(^o^)/

出来上がりは直接見に来てください (⌒0⌒)/


ここまでで4日



まだつづく


急展開!!!

前回の台風で屋根に被害があり、意気消沈していましたが・・・

意外な事に急展開!!

台風前の長雨の関係で、大工仕事は外作業が出来ませんでした。

そこで、「今のうちに自分の家を直してしまいなさい。」

と、お世話になっている会社からありがたい機会をいただきました。

そこで、借りている家の改修を先輩と一緒にやる事になりました。

主な改修場所は右側の二部屋と台所で、自分では難しい場所を中心にやってもらいました。




コレは台所の柱で、シロアリに喰われて柱としては機能していません (;^_^A
DSCF6597.jpg
DSCF6598.jpg

ココをジャッキアップして
DSCF6614.jpg

このように接ぎました
DSCF6619.jpg


こちらは仏間の奥の部屋で
DSCF6590.jpg

大引きがシロアリに喰われて、何もない状態でした
DSCF6609.jpg

元々大引きは1本でしたが・・・
DSCF6648.jpg
DSCF6719.jpg
このように3本入れて、ガッチリするようにしてもらいました(^^)b


こちらは家の裏で、瓦が落っこちて雨漏りをしている場所です
DSCF3953 (1)
DSCF3957.jpg

直す前は応急処置をしていました
DSCF6684.jpg
この状態が・・・




DSCF6707.jpg

こうなりました
DSCF6711.jpg
DSCF6717.jpg


ここまでで2日間

つづく





Never Give Up!

ここ2週間はほとんど雨でしたね~(^^;)

昨日はダメ押しの台風で、いたるところで被害が出ていたようですね。

仕事のため確認が夜になってしまいましたが、借りている家が心配だったので様子を見に行ってみると・・・

納屋の瓦の上に木の枝が乗っかっているのが確認できました。

夜で暗かったため危ないと思い、雨も止んでいたのでそのままにしてやり過ごしました。


しかし、翌日改めて明るい時に確認してビックリ Σ(゚д゚|||)
DSCF6815.jpg

ただ瓦の上に枝が乗っかっているだけだと思っていたのですが、甘かった。
突き刺さっていました ○| ̄|_
DSCF6819.jpg

瓦が割れてこんな感じになっていたんです  。゚(゚´Д`゚)゚。
DSCF6821.jpg

ただでさえやる事が多いのに、また仕事が増えました ○| ̄|_

母屋でなかったのが不幸中の幸いでした (;^_^A

とりあえずは直してる暇がないので、穴はそのままで割れた瓦を予備の瓦と交換して、やり過ごす事にしました。

明日はまた天気が悪いみたいですが、雨漏りをしないことを願います。

次々と不測の事態が起きていますが、諦めずに突き進みます (^^)b

壁剥がしの続き

週末は聚楽壁剥がしの続きをやりました。

以前床張りをやった部屋です!

この状態が
DSCF6500.jpg
DSCF6501.jpg

こうなりました
DSCF6580.jpg
DSCF6558.jpg
これで使える二部屋の聚楽壁を剥がし終える事が出来ました \(^o^)/


これは床の間の押し入れ側です。
押し入れの板の釘を打っている場所のモルタルが剥がれてしまっていました。
DSCF6562.jpg
DSCF6564.jpg

このままでは塩梅が悪いので、モルタルで手直しをしました。
DSCF6578.jpg
DSCF6587.jpg




そして、雨漏りの件は変化がなかったので再度相談したところ、もしかしたら雨漏りではないかもしれないとの事!?

どういうことかというと、棟上げをした際にまだ屋根を葺いてない状態で雨が降った場合、雨染みがそのまま残る事があるとの事でした。

これまた確認をするため、紙やすりで磨いてみる事にしました。

コレは磨く前
DSCF6365.jpg
DSCF6470.jpg

コレは磨き後
DSCF6552.jpg
DSCF6556.jpg


今週は雨続きなので、これで雨漏りがないようなら押し入れの天井を仕上げるつもりです!

先に進めないので、漏らないことを願うばかりです (-人-)

カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁をいただいて念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを利用し、なるべくお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るように、自力での改修に挑戦中!!


当面は自分がとりあえず住める状態にして、改修のスピードを早められるようにするのが目標です。

目指すゲストハウスのスタイルは、農家民宿とバックパッカーズが組み合わさったようなホームステイスタイルの宿で、無農薬・無化学肥料の田んぼを中心とした農的暮らしを実践し、そこに人を招くという形です。

訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大事に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。

みんなで創っていく過程を楽しめたらと思います。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


改修作業の助っ人、随時募集中!!!

よろしくお願いします。

平成29年5月21日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード