押し入れ化粧壁完成しました

以前の投稿で、押し入れの天井と正面の壁が完成した!と書きましたが、残りの三方の壁もやらなければなりませんでした。


正面左右の壁がこういう状態でした
DSCF8298.jpg
DSCF8296.jpg
塩梅が悪かったので、塞ぐ必要がありました


ココには台所で剥がした床材がまだあったので、それを張る事にしました。
DSCF8295.jpg
アフター写真撮り忘れましたが・・・ (;^_^A
もちろんサンダーで磨きましたよ

端っこをピッタリにするための、こういう加工が難しかったです (^^;
DSCF8311.jpg
DSCF8313.jpg
DSCF8314.jpg

そして完成
DSCF8315.jpg
DSCF8316.jpg




それから、こっちはふすまを開けた上側の壁
ここは土壁で、このままだとこの壁がポロポロ落ちてきそうなので、塞ぐ事にしました。
DSCF8287.jpg

以前の壁に引き続き、もらった廃材を使いこのように張って行きました。
DSCF8289.jpg

完成はこちら!
DSCF8324.jpg
DSCF8323.jpg


そしてこんな感じになりました \(^o^)/
DSCF8318.jpg
押し入れとして使うため見えない部分とはいえ、二度目の作業だったので満足の出来になりました。


写真はビフォーの物ですが・・・
DSCF8176.jpg
コレで、ようやく左の押し入れの天井と壁の化粧が完成しました (^^)v

こちらもまた、釘以外の板材はもらったものなので、お金は掛かってません。

右側の窓周りで、まだもう少しやる事がありますが、面倒な押し入れの中が終わったのでホッとしています (*^_^*)

スポンサーサイト

家を夏仕様にしました!

先月末、突然梅雨が明けましたね。

急に夏らしくなり、夜もムシムシで窓を空けたかったんです。

しかし、うちには網戸が付いておらず、虫が入って来てしまうため開けられなかったんです ○| ̄|_

一応枠だけはあったので、そのうちやろうと玄関脇に立てかけておいたんです。

いよいよ必要に迫られたので、自分で張り替えをやる事にしました。
DSCF8221.jpg

破れているだけでなく、このようになっていて、ただ網を替えるだけでなく、掃除をしなければ使えない状態でした。
DSCF8226.jpg

玄関の網戸は無事でしたが、汚かったのでコレも洗う事にしました。
DSCF8229.jpg

写真分かりづらいですがこちらが洗った後です
DSCF8234.jpg
DSCF8232.jpg

色々迷ったうえ、この黒い網を張る事にしました。
DSCF8238.jpg

留めるゴムは使えそうだったので、再利用しました。
DSCF8239.jpg

このように留めていって
DSCF8244.jpg
DSCF8245.jpg

カッターで仕上げました
DSCF8246.jpg
今回はとりあえず3枚だけを交換しました

網戸を付ける前はこんな感じでした
DSCF8302.jpg
DSCF8304.jpg

そしてアフター
DSCF8307.jpg
DSCF8305.jpg
こんな感じになりました (^^)v

コレもやろうやろうと思っていて、なかなか出来なかった作業で、この網戸の枠が使えるかも分からない状態だったんです。
けど、問題なく使えたので安心しました。
網戸を新品で買うのは結構な値段しますからね~ (;^_^A

網はさすがに再利用できなかったので買いましたが、10mで¥1000ほどでした。

うちがあるのは山の中なので、夜は窓を開ければエアコン要らずです。
しかし、網戸がないと色んな虫が入って来て、とてもじゃないけど窓は開けられませんでした。

ちなみにこの借りた家、自分が住む前から野良猫が住んでいたんです。
その猫が家の中に入ろうとするので、虫だけでなく猫除けのためにも網戸は必須でした (^^;)

コレでまた、この家が少し快適になりました \(^o^)/






この記事とは関係ないですが、こないだいらない洗濯機が出たから見に来なよ!
と声を掛けてもらったんです。

結果的に、その洗濯機は古くてサイズも小さいため必要な物ではなかったんです。
しかし、同じ建物の中にチェーンソーがあったので、ダメ元で聞いてみると「持って行って良いよ」との事
DSCF8293.jpg
コレもまた、使えるかどうかは分かりませんが、小さめのチェーンソーが欲しかったので、貰えてラッキーでした (^^)v

暇を見て修理してみます。

化粧壁・天井作ってます

使えていない右の2部屋の改修を進めています

本当はまめにブログ更新したいんですが、なかなか出来ずにいました (;´Д`)

前回は断熱材まで入たので、壁と天井がようやく仕上げの段階に来ています。


雨漏りを直す前ははこんな感じでした。
化粧合板が貼ってあったんです。
DSCF6475.jpg
DSCF6477 (1)

しかし、雨漏りをしていたので、剥がすとこんな感じでした (;^_^A
DSCF6483.jpg
DSCF6489.jpg

改修の様子はこちら



時間掛かりましたが、だいぶ手を加えてここまでになりました
DSCF8186.jpg


こちらはその隣の押し入れです
DSCF6989.jpg
天井貼ってありましたが、ネズミ?節抜け?で穴が開いていて、ガムテープが貼ってありました

気に入らなかったのと、天井が低かったので、剥がす事にしました
DSCF7066.jpg

この桁の部分ですがなぜか2本入っていて、下の部分は以前窓を直したときに腐っていたので、一部を切っていたんです。
DSCF7292.jpg

右側の窓の部分はこのようになっていたので、このままではまずいと思い支えを入れる事にしました
DSCF6915.jpg

桁と同じ太さの材をこのように切り、サンダーを掛けました
DSCF8152.jpg

そしてこのように入れました
DSCF8154.jpg
DSCF8155.jpg

天井の剥がした部分には、ネズミの侵入口があったので
DSCF7261.jpg

このように塞ぎました
DSCF7291.jpg

そして、このようになりました
DSCF7322.jpg
DSCF8190.jpg
DSCF8196.jpg



壁の部分は、隣の押し入れと同じようにココを塞ぐ事にしました
DSCF8156.jpg
まずは受けを付けて

コレを貼って行きます
DSCF8160.jpg
ちなみにコレは、貰ってきた廃材(新品)です (^^)v

このように相じゃくりになっています
DSCF8179.jpg

こんな感じになりました
DSCF8162.jpg

隣との壁の部分はこのように加工して
DSCF8177.jpg

このように収めました
DSCF8181.jpg
こういうところは厄介でめんどくさいですね (^^;

それからこちらは以前断熱材を入れた場所
DSCF8203.jpg

同じくサイズの丁度いい、もらった廃材があったのでそれを貼る事にしました
DSCF8206.jpg

このようにちょっとキズにしてしまいましたが、貰い物でなおかつ予備があったので助かりました。
DSCF8209.jpg

そしてこのようにしました
DSCF8250.jpg


ここまでの作業を断熱材を入れた後、先週末までやっていました。

材料は天井材以外は貰った物なので、ほとんどお金はかかっていません。

しかし、場所が場所だけに、狭いし天井斜めになってるしでかなり時間のかかる作業でした (^_^;)

雨漏りをしている段階ではこの部分はいったいどうなるのだろう??って感じでしたが、現在は化粧が貼られかなり見違えるようになって、嬉しいです。

コレでこの部分の壁と天井の改修も、ようやく終わりが見えてきました。

しかし、難しいと思って先延ばしにしていた敷居が三か所もあるのです(TT)
それをどうにかすれば、いよいよこの部屋が使えるようになります (^^)

7月中にどうにか出来るよう頑張ります!

断熱材入れました

前回の記事では外壁に目処がついたので、今度は室内の工事を進めていきます。


ここの部分の工事をやって行きます。
DSCF8176.jpg


まずは以下の三か所に断熱材を入れていきました
ビフォーアフターです
DSCF8108.jpg
DSCF8113.jpg


DSCF8110.jpg
DSCF8114.jpg

DSCF8111.jpg
DSCF8121.jpg
DSCF8124.jpg


このようになりました (^^)v
DSCF8126.jpg

作業自体は難しいものではありませんでしたが、もらった断熱材は30ミリです。
現在では通常もう少し厚みのある物を入れると思うので、30ミリの断熱材でどのくらいの効果があるのかは分かりません。

しかし、透湿防水シートを貼って、外壁はトタンだけという状態に比べれば、薄くても断熱材を入れた方が効果があるように思います。

本当は土壁や自然素材を使って断熱をやりたいんです (^^)
この建物が建った当時では自然素材を使って家を建てるのが当たり前だったと思うので、ほかの壁はもちろん土壁です。しかし、現在それをやっていると時間もお金も掛かるので現実的ではないんですよね (;^_^A

廃材や貰い物を利用しての家創りをやっているので、このやり方が丁度いいのかなと思っています。

冬までには恐らくこの部屋を使っていると思うので、どのくらい効果があるのか楽しみです (*^_^*)




外壁造ってます

以前の "壁を直してます" の記事で、ここまでは終わっていたのですが、その続きをようやく再開する事が出来ました。
DSCF8056.jpg
ここまでやって、その後なかなか工事が進まずにいました (^^;)

外壁を張るだけだったのですが、当初は板張りにしたいなと思っていたんです。
しかし、貼るための板の材が用意出来ていない事と、ちょっと手間がかかりそうだけど丁度良いトタンがあったので、それを使う事にしました。

それがこちら
DSCF8059.jpg
元々家にあったものと、以前トイレの屋根を交換したときに、使えそうな物を取って置いたものがあったので、それを使う事にしました。

見た目はそれなりのヤレ感があるのですが、屋根用の物で厚みがあり、磨いてもまだ大丈夫だと判断して使う事にしました。
DSCF8061.jpg
しかし、そのままでは使えなさそうだったので、使えるようにするためにサビを落として、サビチェンジャーを塗りました。

壁の下地はトタンを縦に貼って行くので、横に胴縁を打って行きました。
DSCF8096.jpg

そして、このように貼って行きました
DSCF8103.jpg
短い方のトタンは少し切りましたが、サイズがほとんどピッタシでした (^^)v

長い方はこのように加工して
DSCF8105.jpg

こんな感じで貼りました
DSCF8151.jpg
DSCF8148.jpg
残りの部分は、隣の壁とのカラミがあるため一旦保留です

この外壁の工事ですが、透湿防水シート以外は家に元々あったものとすでに持っていたものだったので、コレもまたお金をかけずに出来ました (^^)b


先日断熱材をもらえたので、先に室内の断熱をやろうと思います。
DSCF8107.jpg
シンジさん、ありがとうございました m(__)m

ちなみに関係ないですが、敷地内の土手にユリの花が咲いてましたよ (^^)
DSCF8136.jpg




カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁あって念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを活用し、出来るだけお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るよう、住めない状態の古民家を素人が自力で改修に挑戦中!!


まだ完成ではありませんが、去年末にようやく住める状態になり、今年の1月に無事引っ越す事が出来ました。


移住・田舎暮らし・自力での家の改修・廃材利用・農的暮らしを実践し、ありのままを体験してもらえる宿にします。


訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大切に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


助っ人・見学大歓迎です!!

よろしくお願いします。

平成30年4月20日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード