FC2ブログ

壁を創りました

本当は敷居の続きをやって終わらせたいところだったのですが、最後の場所は敷居だけでなく床板も張らなければなりません。

床板に使う材がなく、どうしようか悩んでいるため、先にこちらの壁を創る事にしました。
DSCF8671.jpg
こちらは以前書いたブログ 壁創りました の時に創った壁の室内側です。

こちらも同じく貫材が余っているのでそれを使う事にしました。
DSCF8689.jpg

いつも通り電気カンナを掛けました
DSCF8693.jpg


防水シートを貼っただけか? 他に使い道がある断熱材を入れるか? で少し悩みましたが結局使う事にしました。
DSCF8698.jpg

このように入れました
DSCF8699.jpg
DSCF8703.jpg
そして今回も、普通じゃつまらなかったので、斜めに張る事にしました。

板を張り始めてから半日でこれくらい
DSCF8704.jpg

そして完成です\(^o^)/
DSCF8710.jpg

前回に引き続き、今回は二回目だったので少し慣れたのか、台所の時に比べれば早く張る事が出来ました (^^)v

しかし、新品の材を使っているわけではないので・・・まず貫材を納屋から引っ張り出してきて掃除をし、使える状態にして、それからカンナを掛けてやっと壁に張れる状態になるので、実際には3~4日はかかっています (;^_^A

まだ壁で貼らなくてはいけない場所はありますが、早急にやりたかった場所は終わったので一安心です (^^)
スポンサーサイト

野良猫対策その3

家の中の作業を進めたいのですが、それだけをやっているわけにもいかないんです。

というのも、以前やった 野良猫対策 ですが、まだ完全ではなかったんです。


それがこちら
DSCF8564.jpg
母屋の目の前の納屋です。
ここにはネットをまだ貼っていませんでした。

実はここが野良猫の主な寝床になっていたため、まず初めに猫対策をした場所だったんです!

ネットで色々調べた結果、超音波がイイとの事
DSCF8715.jpg
さっそくコレを使ってみると効果は抜群!!
この小屋には近づかなくなりました。

しかし、この小屋には出なくなったものの、今度は別の納屋に移動する羽目になったため、ネットを貼る事にしたんです。

ネットを貼っていなかったこの納屋も、入られるのは時間の問題だと思って対策をする事にしました。

まずはネットを貼るのに邪魔な物をどかしました
DSCF8614.jpg

そして、前回と同じくこのように貼りました!
DSCF8713.jpg
これですべての納屋に猫対策のネットを貼りました。
なので、破られない限り納屋の中には入れないでしょう!




これで一安心と思いきや・・・




ネコの対策をしたからか、今度はネズミが夜中に天井裏で運動会をするようになりました ○| ̄|_

これまたネットで調べると、除虫菊の匂いを嫌うという事でしばらくは蚊取り線香でごまかしていました。

しかし、一向にいなくなる様子がなかったので、どこから入るのかと家の周りを点検すると・・・このような出入口を発見しました。
DSCF8678.jpg
DSCF8680.jpg

とりあえず、このように塞ぎました
DSCF8707.jpg
夜中寝静まった後に現れてカサコソするので、睡眠不足気味でしたが、塞いだその日の夜からは今のところ天井裏の運動会はなくなりました (^^)v



それからこちら
DSCF8676.jpg
瓦が割れていました (TT)
おそらく、この間の台風で被害にあったものだと思います
ネズミの対策をしていて、屋根に上がった時に偶然見つけたものです

このままでは雨漏りをしてしまうので交換することにしました。
コレは予備の瓦で家にありました
DSCF8683.jpg

このように外して
DSCF8684.jpg

このように差し替えました
DSCF8686.jpg
屋根の損傷は、時間が経てば経つほど被害が大きくなるので、初期の状態で発見できたのは不幸中の幸いでした。


と、このように古民家の改修は一筋縄では行かないんです 。

ただでさえやる事がいっぱいあるのに、こうやって余計な作業をしなくてはいけないので、中々やりたいことが進まないんです (^^;)

大変だけど半分は勉強してると思ってやっているので、良いんですけどね (^^)

ボチボチやって行きます。

敷居の続きをやりました

前回に引き続き敷居のつづきをやりました。


今回は仏間とその裏の部屋の間の敷居の取り付けをやりました。
この部分です
DSCF8625.jpg
この右側が台所です

この材を使いました。
DSCF8630.jpg
ちなみに貰った物です

写真では伝わりにくいですが・・・汚かったのでサンダーで磨きました
ビフォー
DSCF8632.jpg

アフター
DSCF8636.jpg

そして少しだけ厚みが余分だったので、電気カンナで削りました
DSCF8631.jpg

敷居を入れる部分の柱はこのようになっています
DSCF8645.jpg
DSCF8646.jpg
今回のこの場所は 去年の今頃 このようにやってもらった場所で、台所側の鴨居が下がっていて更に柱を繋いだ事もあり、押し入れと同じようには出来ない部分でした。

なので悩んだ末、敷居だけを水平にして、鴨居と引き戸に何らかの加工をして対処する事にしました。

台所側はこのように切って
DSCF8639.jpg

もう片方はこのように切りました
DSCF8653.jpg


そしてこのように納めました
DSCF8667.jpg

元々はこの線の高さだったのですが、台所側がだいぶ下がっているため水平を出すとこのようになってしまうのです
DSCF8666.jpg


通常は片側がホゾで、もう片方にコミ栓を入れるのが普通だと思うんですが、この場所ではそれが出来なかったので支えとして床下にツッパリ棒を入れました。
DSCF8668.jpg
写真分かりにくいですが、このように真ん中と左右の柱の方にもツッパリ棒が入れてあります


完成はこちら
DSCF8663.jpg

今回のこの場所、写真では伝わらないと思いますが、二部屋の床が1センチ程段違いになっていたり、鴨居の高さが違っていたりしていたため、どのようにしたらいいんだろう?と凄く悩んだんです。

更に敷居をただ入れるだけだと、ただでさえ素人仕事の上、片側は繋いだだけの柱だったので、この先何年も出入りをしていれば、直ぐにガタがきてしまうのが目に見えていたんです。

そのため床下に潜ってツッパリ棒を入れたのですが、その作業がまたキツイ ○| ̄|_

それをやらなくてはいけない!!しかも一発勝負で!?
とやる前にグルグル考えていたもんだから、この作業をやりたくなくて重い腰がなかなか上がらず、やるのを先送りにしていたんです (^^;)

しかし、ようやく無事に取り付ける事が出来たので、達成感がハンパじゃないです \(^o^)/

ちなみにこの場所は、最終的に半分壁にして片引きの引き戸を入れる予定です!

材料費は貰い物なので掛かっていませんが、手間だけはやたらとかかる作業でしたよ (;^_^A

敷居を踏んではいけないという事がよく分かる作業でした。

敷居を入れる必要がある場所は残り一ヶ所です!

ようやく先が見えてきました (^^)b

押し入れ完成しました!

10月も半ばになり、だいぶ秋らしくなってきましたね。

最近は天気が悪く思うように作業が進みませんが、ボチボチ進めています。

以前押し入れの化粧壁が完成したと書きましたが、まだ完成ではありませんでした (;^_^A

実は下の段の床の一部分と、敷居がシロアリにやられてボロボロになっていたため、交換しなくてはなりませんでした。

ビフォー写真ないんですが(^^;)
ココは押し入れなので、ふすまのための敷居が入っていました。
DSCF8555.jpg

床の一部もシロアリにやられていたので、一枚だけ交換します。
DSCF8559.jpg

剥がしたのがこちら
DSCF8561.jpg

貰った物や、この家から外した敷居に使えそうな材がこのようにストックしてあります。
DSCF8563.jpg

今回は元々台所で使われていた、柱のように太いこの材を使う事にしました。
DSCF8562.jpg

このままだと敷居が高くなりすぎるため、このようにサイズに合わせてカットしました。
DSCF8567.jpg

簡単にやるにはこのまま長さに切ってただ留めればお終いです。しかし、せっかくなので勉強のためこのホゾ穴を利用することにしました。
DSCF8574.jpg
DSCF8579.jpg

途中の写真はありませんが、このようにカットしました
DSCF8582.jpg

そして逆はこんな感じです。
DSCF8586.jpg

床の材を乗せるためこのように切り欠きました
DSCF8583.jpg

こちら右側は元々付いていた床材で、左は新しく作った物です。
本当は同じような幅の物を使いたかったのですが、ちょうどいいものがなかったので同じ厚みの貫材を使いました。
DSCF8603.jpg

敷居はこのように納め
DSCF8605.jpg

床材はこのように収めました
DSCF8619.jpg

この敷居を入れる作業、実はこの部屋だけで三ヵ所やらなくてはならないんです (;^_^A

敷居に使えそうな材のストックがあるとはいえ、それぞれの場所で丁度いいものが一つずつしかないんです(涙)

やった事がない事を一発勝負でやらなければならない事と、色々考える事が多すぎてイメトレの段階で嫌になってしまい、後回しにしていたのは否めません。

しかし、いよいよもって残りの二部屋を使えるようにするため、最後の難関に来ているんです。

俺にとっては、ラスボスと戦うつもりで取り掛かっています ^^;

初めにやったこの押し入れは、引き戸の敷居を入れたのですが、実はカビ対策のためふすまは入れないんです。
なので、練習だと思って少しは気が楽でした。

少し失敗してしまいましたが、致命的な失敗ではないので良しとします。

しかし、やってみるとホントに難しいです ○| ̄|_

大工さんはホントに凄いです(^^)

残り二ヶ所頑張ります (^^)b



室内作業再開しました!

相変わらず更新遅れていますが(;^_^A

なぜだか写真のアップロードが上手く出来ず・・・やっと更新出来ました(^^)v

6月くらいに断熱材を入れたきり、外壁をやっていたためそのままになっていた、ここの壁の化粧を張りました。
DSCF8113.jpg
写真ありませんが、この部分はネズミの出入り口になっていて、このままだとまた入られる可能性があるため、対策をしました。


ちょうどこのステンレスの板をもらっていたため、使う事にしました。
DSCF8493.jpg
このように切って

このように取り付けました
DSCF8496.jpg
木だとカリカリやって穴を開けられてしまいますが、コレだと穴は開けられないと思うので、侵入されない事を願います。

断熱材をすでに入れていた場所でしたが、後々後悔したくないと思って抜かりなくやりました。


そして壁の化粧には、このもらった廃材を使いました
DSCF8498.jpg
ちなみに、元々は床材で厚みが15ミリあり、実加工がしてあります

今のところ、他に使う場所が思い当たらなかったので、この場所に納まるように一工夫
DSCF8501.jpg
このように、その辺にあった材料を二つ割にして・・・

真ん中にこのようにビス止めしました
DSCF8502.jpg

短くて、縦に張る事は出来ませんでしたが、このように横に張れるようになりました (^^)v
DSCF8523.jpg
本当は縦か横に一枚で張りたかったのですが、長さが足りなかったのでこのようにしました (^^;)

このように張って行き
DSCF8524.jpg

こんなとこや
DSCF8526.jpg

こんなところが難しかったですが・・・
DSCF8529.jpg

なんとか無事に仕上げる事が出来ました \(^o^)/
DSCF8528.jpg
ココの壁、実は下の部分が水平ではなく、右肩上がりになっているんです^^;
上の部分も屋根の勾配の関係で、斜めになっているため凄く厄介な場所だったんです。
おまけに横張りも初めてで、材料もギリギリと考える事が多く、やる前にはどうなることやらと思っていました。

「案ずるより産むが易し」

ですね!

意外とすんなり出来たのでビックリでした。

ちなみに今回も、ビスと釘以外は貰い物で出来たので、お金はかかってません (^^)b
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

ケセラセラ

Author:ケセラセラ
初めましてケセラセラと申します。

2010年に南房総に移住してきました。

紆余曲折をへて、移住して6年目の2016年5月、縁あって念願のゲストハウスが出来る家に出会いました!!

求めていた古民家です。

場所は千葉県の鋸南町です。

廃材・もらいものを活用し、出来るだけお金をかけずに、お金を使わない暮らしが出来るよう、住めない状態の古民家を素人が自力で改修に挑戦中!!


まだ完成ではありませんが、去年末にようやく住める状態になり、今年の1月に無事引っ越す事が出来ました。


移住・田舎暮らし・自力での家の改修・廃材利用・農的暮らしを実践し、ありのままを体験してもらえる宿にします。


訪れる人は旅人等他の地域から来たゲストだけでなく、地元の方にも気軽に立ち寄ってもらえるようにして、ただ寝るだけ・安いだけの宿ではなく、人と人との交流を大切に、年齢・性別・職業・国籍関係なく、老若男女が集い交流できる場を創ります。

自分の思いはもちろんですが、皆さんのこんなことしたい!や得意なことなども取り入れて「縁」で繋がれるような場所にします。


このブログは自分の備忘録と進捗状況をお知らせするものです。

コメント貰えると喜びます。


助っ人・見学大歓迎です!!

よろしくお願いします。

平成30年4月20日 更新

最近の記事
最近のコメント
リンク
名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード